最新の投稿

アーカイブ

事故

一昔前であれば聞き慣れなかったのに今や大流行という資格に、理学療法士や作業療法士があります。
彼らは医師の処方のもとに患者の様々なリハビリを行います。
従って、独立開業することはできず、多くは整形外科のリハビリテーション科に属しています。
このような資格が流行る背景には、少しでも患者の回復を促すことで、無用に障害が残ったり寝たきりになったりするのを防いで、財政の大きな負担となっている医療費の増大を少しでも食い止めようという国の政策上の狙いがあります。
整形外科にリハビリ施設があるのは今や当たり前で、リハビリの質や評判が、そのままその整形外科の経営に直結しているといっても過言ではないのです。
整形外科にお世話になるのは、体力が衰えて怪我をしやすくなった老人ばかりではありません。
現代の車社会では、交通事故でいつ何時整形外科に入院する羽目になるか誰にも分からないのです。
この交通事故治療の際にも、手術後、場合によっては翌日からリハビリを始めるよう指示されます。
これは人が一日中ベッドに寝ていると、急激に筋肉が落ちてしまうからです。
例えば、片足首を骨折しただけであるにもかかわらず、完全に健康なはずの腕の筋肉が落ちてしまい、一~二か月の安静後に骨折部位が落ち着いた時には、腕で体を支えられず、松葉杖を使って歩くためのリハビリを始められない、というような事態は避けなければなりません。
また交通事故治療のためのリハビリは、症状が患者ごとに様々なため、一人一人に合わせた、きめ細やかで無理のない計画が必要です。
更に脊椎の損傷など、これといった治療法が見つからない難しいケースでは、症状が固定してしまわないように、かなりの長期にわたって様々な治療を続けなければならないこともあります。
あるいは働き盛りや若者の交通事故治療の場合には、救急搬送された病院にはあまり長く入院していられないため、退院後は自宅近くの整形外科にリハビリのために通院するという選択を採ることもあります。

オススメリンク

大阪で交通事故治療を受けるならこちらの整骨院がおすすめです!|はせがわ堀江整骨院

眼帯

厄介なむちうち症

みなさん、不幸にして、交通事故に遭われて、その後むちうち症などの後遺症に苦しめられたことはないでしょうか。
整形外科の交通事故治療では打撲や骨折などもありますが、結構、むちうち症のリハビリが必要な方も多いようです。
で...Read more

関連リンク

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031